イベント3*3 LABO

【3*3 LABO】「おカネのかからないくらい豊かなくらし」 第一回 ゲスト テンダー(小崎悠太)氏

2013年10月16日(水)19:00〜21:30

※※※※報告※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本日の3*3LABO シリーズ「お金のかからないくらい豊かな暮らし」に 関しましては予定通り
「開催」いたします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

シリーズ「おカネのかからないくらい豊かなくらし」

第1回目テーマ
「これからの時代の財産」
〜Nature×Technologyを地で行くヒッピーの生き方〜

人口減少時代に突入し、地方においては、大幅な人口減少と高齢化の進展に伴い、労働力や企業の流出、産業の衰退などによる地域社会の活力の低下、税収の低迷による財政の悪化など、今後とも厳しい状況が見込まれる。一方で、都市部においては、いわゆる「団塊の世代」の大量退職、ゆとりや豊かさ志向への国民のライフスタイルの変化、UJIターンや二地域居住の普及等により、「都市から地方への移住・交流」の気運が高まってきている。
(平成22年総務省「平成 21年度 都市から地方への移住・交流の促進に関する調査報告書」 地域力創造グループ コミュニティ・交流推進室 より)

シリーズ「おカネのかからないくらい豊かなくらし」を開催します。
月に1度、おカネのかからないくらい豊かなくらしを実践しているゲストをお招きし、ご講演・参加者を交えた討論、ワークショップ等を行います。
おカネのかからないくらい豊かなくらしとは。本当に美しい、豊かさの基準とはどのようなものか、みなさんと一緒に考えていきましょう。

第一回ゲストはテンダー(小崎悠太)氏。"なるべくお金を使わずにラクに生きるための、先住民技術、狩猟・解体、電気、ウェブ、政治、デザイン、読み物などを公開している架空の研究所"ヨホホ研究所主宰。職業はヒッピー。

ご自身の持っている技術は、デザイン各種(WEB、紙、看板)、写真撮影、コンサル各種(政治、商品)、文筆(リライト)、先住民技術講師、ソーラーパネル設置ワークショップ、ときどき講演、など多岐に渡る。暮らしや時代の自給自足の人です。 現在は鹿児島県を拠点として、お金を使わずに生きるための知恵を様々な体験で伝えています。

・ 六ヶ所村からはじまる、旅をするようになったきっかけ
・ 電気のことから学ぶ、対話と理解のこと
・ ネイティブインディアンの技術の学校、トラッカースクールからの学び。
・ 水道、ガス、電気契約ナシの「てー庵」改装中。これからの生き方は"罠猟師"

実経験を経てきたテンダー氏の考える「時代の財産」とは。「お金」「豊さ」とは。実際の体験をお話頂きながら、参加者のみなさまと一緒に考えてみたいと思います。

概要

開催日時

2013年10月16日(水) 19:00〜21:30(18:30開場・受付開始)

場所

参加費

2,000円(軽食、飲み物付き)

プログラム

●タイムスケジュール
18:30 受付開始

19:00 シリーズ概要説明      
担当:久志 尚太郎氏

19:10 ゲストプレゼンテーション   
担当:テンダー氏

20:00 質疑応答          
担当:モデレート 土谷貞雄氏

20:50 ディスカッション形式の懇親会
21:30 終了

申し込み期間

当日の12:00まで

講師

1016tender
テンダー(小崎 悠太 こざき・ゆうた)

ヨホホ研究所主宰。
火起こしから電子回路まで、先人の技術を引き継ぐ1万年目のこども。環境問題や争いを解決する手段として、先住民技術と対話を重んじる。職業はヒッピー。もっている技術はデザイン各種(WEB、紙、看板)、写真撮影、コンサル各種(政治、商品)、文筆(リライト)、先住民技術講師、ソーラーパネル設置ワークショップ、ときどき講演、など。

ヨホホ研究所 陽気な方法を研究する所

ディレクター・モデレーター

1002kushi
久志 尚太郎(くし・しょうたろう)

NPO法人 Rainbow Treeファウンダー理事。1984年生まれ 29歳 東京都出身
中学卒業後単身渡米。 16歳でアメリカの高校を卒業し大学に進学するも911テロを経験し 時代の節目を感じドロップアウト、日本へ帰国。その後独学でITを学び、外資系証券会社や米軍基地などの ITプロジェクトに携わり、19歳でデル株式会社法人営業部に入社。入社後は法人営業部の最年少トップセールスマンとして、 新人研修や社内研修、新規事業の立ち上げに参画。 25歳で年間売上高20億円規模のサービスセールス本部 最年少ビジネスマネージャーに就任。26歳で同社退職後、宮崎県串間市に移住。
人口1000人高齢化50%の幸島・市木地区で NPO法人Rainbow Treeを起業し、 天然塩の製造販売、カフェ運営、休耕田解消事業、 体験型観光事業やコンサルティング事業などを手がける。

NPO法人 Rainbow Tree

久志尚太郎のライフログ

モデレーター

土谷 貞雄
土谷 貞雄(つちや・さだお)
株式会社貞雄代表 コンサルタント、建築家、住まい、暮らしに関する研究者、コラムニスト

2008年コンサルタントとして独立。商品開発からプロモーションまでを見据えた一貫した住宅商品開発支援を行い、販売にまで繋げるためのwebコミュニケーションをつかったものづくりや共感の仕組みづくりを多くの企業に導入している。また暮らしに関するアンケートや訪問調査を様々な企業のウェブサイトで実施。現代の暮らしに関する知恵を集め未来の暮らしのありかたを提案し続けている。 業務以外に住まいに関する研究会「HOUSE VISION」(代表原研哉氏)の企画運営を行い、2013年に東京お台場で大規模な展覧会を実施。その後は日本だけでなく、アジア各地で研究会や、暮らしに関する調査やイベントを定期的に行っている。各地での建築家や研究者、企業との幅広いネットワークを構築している。

『土谷貞雄の暮らしと住まいの研究室』

HOUSE VISION

3*3ラボ(さんさんらぼ)

環境プロダクト「ものづくりからことづくり」研究会

3R(Reduce:減らす、Reuse:再活用、Recycle:リサイクル)と3rdプレイス(家と職場以外の場所)づくりを目指し、毎月ゲストをお招きしたセミナーを実施します。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第2期生募集中!〜
  2. 2【エコキッズ】エコキッズ探検隊出前授業 熱の不思議?冷却パックをつくろう!
  3. 3【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  4. 4【CSV経営サロン】2017年度 第2回CSV経営サロン 
  5. 5BFL地方創生セッション vol.1 「地方創生×オープンイノベーション シンポジウム」
  6. 6食ビジネス研究会【未来予測コミュニティ 食の分科会】
  7. 7【レポート】丸の内プラチナ大学第2期開講
  8. 8BFL地方創生セッション vol.2 「持続可能な地域経済」
  9. 9【コラム】農福連携を突破口に社会課題の解決を
  10. 10【さんさんネットワーキング】vol.15~大丸有夏祭り2017~

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)