イベント特別イベント

【丸の内de地方創生】地域経済再生のしくみ 英国トットネスの取り組みから考える

2017年7月4日(火)19:00~21:30

日本全国の様々な地域の活動をテーマに取り上げ、参加者全員でアイディアを交わしながら、新たな事業や価値の創出を目指す「丸の内de地方創生を考える」シリーズ。今回のテーマは「地域経済」。少し視点を変えて、イギリスの取り組みを事例に考えます。

有限会社イーズ/幸せ経済社会研究所代表の枝廣さんにご登壇いただき、地域経済再生のための具体的な考え方の枠組みや手法とともに、今年3月に視察訪問されたトランジションタウン発祥の地、英国トットネスのまちづくりやさまざまなプロジェクト、その成功要因などをお話しいただきます。
また、国内でも地域経済再生に向けた、興味深い動きが起こっています。とくに「これは!」と思うものを取り上げ、その成功のしくみを枝廣さんの視点で分析し、語っていただきます。

枝廣さんのお話を受けて、参加者全員でテーマについて考え、ワークショップを通して全体ディスカッションを行います。

終了後は30分程度の交流会も予定しています。
どなたでもご参加可能ですので、ぜひお誘いあわせの上、3×3Lab Futureにお集まりください。

*今回の「丸の内de地方創生」イベントは、エコッツェリア協会(三菱地所)と幸せ経済社会研究所の連携企画です。

概要

開催日時

2017年7月4日(火)19:00~21:30(交流会を含む)

場所

対象

どなたでもご参加いただけます。

定員

約80名(先着順)

参加費

2,000円

プログラム

1.はじめに(約10分)
2.地域経済再生のしくみ 英国トットネスの取り組みから考える(枝廣氏)(約60分)
例:
・地域経済がすすむ背景・ポイント(トランジションタウン)
・地域からお金を出さない(地域外貨を稼ぐ)しくみとは
(食べ物、住宅改装、再エネ、介護・健康―コミュニティの持続可能性とレジリエンス)
・国内外の事例
3.質疑応答&全体ワークショップ(約50分)

申し込み方法

申し込み期間

2017年7月3日(月)まで

お問い合せ先

エコッツェリア協会
受付時間: 10:00 ~ 17:30(土日祝日は休館)
TEL:03-6266-9400

ゲスト

枝廣淳子氏(幸せ経済社会研究所所長、東京都市大学教授)

特記事項

主催:幸せ経済社会研究所(有限会社イーズ内)、エコッツェリア協会
共催:ジャパン・フォー・サステナビリティ

※当日はビデオ・写真の撮影が入る可能性がございます。撮影不可の方は受付にてお申し出ください。
撮影された写真や動画はエコッツェリア協会ならびに幸せ経済社会研究所、ジャパン・フォー・サステナビリティの
サイトやFacebook、資料などで使わせていただく可能性がございます。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第2期生募集中!〜
  2. 2MBA白熱教室 vol.0 in 3×3 Lab Future 〜シェアリング・エコノミー時代の戦略的思考〜
  3. 3【レポート】地方創生と金融のこれから(1)
  4. 4【レポート】丸の内プラチナ大学第2期開講
  5. 5さんさんネットワーキングvol.17〜横浜スポーツタウン構想
  6. 6【エコキッズ】エコキッズ探検隊出前授業 熱の不思議?冷却パックをつくろう!
  7. 7【レポート】地方創生と金融のこれから(2)
  8. 8【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  9. 9【TIP*S/3×3Lab Future連携】「人と企業の未来共創プログラム」~第1回 働き方の未来を考える~
  10. 10【レポート】大丸有が支える農と食のイノベーション、始動

イベント

過去のアーカイブ(2013年5月以前)