エコッツェリアの活動

打ち水プロジェクト

街中みんなで「打ち水」をして、
気温を下げるプロジェクトに参加しませんか?

大丸有地区の夏の風物詩として定着した「大手町・丸の内・有楽町 夏祭り」のイベントのひとつとして、打ち水プロジェクトを開催しています。日本古来から脈々と引き継がれている世界に誇る江戸文化の知恵「打ち水」。都市部特有のヒートアイランド現象緩和に向け、あなたも参加してみませんか?

打ち水って?

玄関前の道や庭先などに水を撒く、昔からの日本の風習です。道路などの埃を抑える効果があり、夏の暑い日には、撒いた水が蒸発する際に、大気中の熱を奪うため、体感温度が2度くらい下がるとも言われています。大丸有 打ち水プロジェクトでは、ビルから出る中水を使用しています。(中水ご提供先:東京国際フォーラム・大手町ファーストスクエア)

関連情報