注目のワード

おもてなし経営

おもてなし経営とは「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の3要素、近江商人が大切にしていたという「三方良し」の理念を持った経営のこと。現在でいえば、①社員の意欲と能力を最大限に引き出し、②地域・社会との関わりを大切にしながら、③顧客に対して高付加価値・差別化サービスを提供している企業経営のことです。
経済産業省が日本のサービス産業を盛り立てようと取組む施策のひとつとして、優良企業の特徴を分析し名づけた「おもてなし経営」は、日本企業に合致する新しいビジネスモデルとして注目されています。

ECOZZERIAでは、おもてなし経営を推奨する経済産業省担当者へのインタビューを掲載した「大丸有CSRレポート2014」を公開しています。 


関連リンク

大丸有CSRレポート2014【2050年へのまなざし】「おもてなし経営」は三方良し