注目のワード

エコロジカルネットワーク

エコロジカルネットワークとは、野生生物が生息・生育する様々な空間(森林、農地、都市内緑地・水辺、河川、海等)がつながる生態系のネットワークのこととして使われる言葉です。生態系ネットワークと呼ばれることもあります。

大丸有エリアでは、皇居を核として、地区内の都市緑地(公開空地や都市公園、街路樹等)を繋げてゆく面的な整備によって、エコロジカルネットワークの形成をはかっています。さらに、周辺緑地とも連携することで、より広域なネットワーク形成を目指し、生物多様性委員会にてモニタリングを活用したマネジメントサイクルを検討しています。

ECOZZERIAでは、エコロジカルネットワーク拡大等を検討した2013年度の生物多様性委員会実施報告をレポートとして公開しています。



関連リンク

都市緑地における生物多様性に配慮した新たな評価の方向性についての検討委員会実施報告(2013年度)


注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【特別イベント】SDGs 3周年記念イベント
  2. 2【特別イベント】MOKU LOVE DESIGN 木質空間デザイン・アプローチブック 完成披露会
  3. 3【レポート】八幡平×逆参勤交代、生まれたツナガリ、見えた鍵
  4. 4【丸の内de地方創生】 第2弾 愛媛ライブ2018 ~食を通じた復興支援のカタチ~
  5. 5【丸の内プラチナ大学】開講のご案内〜第3期生募集中!〜
  6. 6【レポート】生の地方創生の現場に直面した上級編(前編)
  7. 7【特別イベント】「世界の京都・北山ブランド」創造ワークショップ
  8. 8【レポート】生の地方創生の現場に直面した上級編(後編)
  9. 9【大丸有】「大手町の森」に見る次世代都市緑化の可能性
  10. 10BFL地方創生セッション vol.12 「地域通貨が潤す地域経済」~ 飛騨信用組合の取り組み「さるぼぼコイン」~