注目のワード

公共空間の活用

大丸有エリアでは、公共空間の活用を積極的に進めています。その一例が、川端緑道横の大手町ファイナンシャルシティ「エコミュージアム」です。再開発に伴って生み出された公開空地を活用し、燃料電池トリジェネ植物工場や食べられる植栽「エディブルガーデン」、ビルの中水を活用したホタル飼育システムなど先進的なプロジェクトに取り組み、幅広い層に環境教育の機会を提供しています。

ECOZZERIAでは、公共空間の活用に関する記事を掲載。川端緑道の維持管理を担当する平川敬悟さんにインタビューしています。

大手町フィナンシャルシティのエコミュージアム
大手町フィナンシャルシティのエコミュージアム


関連リンク

【大丸有】川端緑道にみる「公共空間」の今後の可能性


注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【特別イベント】大丸有で生物多様性について考える Vol.2 『生きものつながり大発見~親子で考える生物多様性~ 』
  2. 2宮崎巡礼――地方創生の活力の源泉を見出した旅(1)
  3. 3【特別イベント】海洋プラスチックと資源循環を深く考えるシンポジウム~石川雅紀教授 神戸大学最終講義in TOKYO
  4. 4【特別イベント】「世界の京都・北山ブランド」創造ワークショップ vol.3
  5. 53×3Lab Future個人会員会 2019年度新規募集のお知らせ
  6. 6【特別イベント】SDGs 3周年記念イベント
  7. 73×3Lab Future個人会員会 2018年度新規募集のお知らせ
  8. 8【レポート】ポスト平成時代の経営デザイン ~価値観の転換と構想力~ 前編  
  9. 9【特別イベント】Zenのこころでつながるヨーロッパと日本
  10. 10宮崎巡礼――地方創生の活力の源泉を見出した旅(2)