注目のワード

公共空間の活用

大丸有エリアでは、公共空間の活用を積極的に進めています。その一例が、川端緑道横の大手町ファイナンシャルシティ「エコミュージアム」です。再開発に伴って生み出された公開空地を活用し、燃料電池トリジェネ植物工場や食べられる植栽「エディブルガーデン」、ビルの中水を活用したホタル飼育システムなど先進的なプロジェクトに取り組み、幅広い層に環境教育の機会を提供しています。

ECOZZERIAでは、公共空間の活用に関する記事を掲載。川端緑道の維持管理を担当する平川敬悟さんにインタビューしています。

大手町フィナンシャルシティのエコミュージアム
大手町フィナンシャルシティのエコミュージアム


関連リンク

【大丸有】川端緑道にみる「公共空間」の今後の可能性


注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【オンライン開催!】【丸の内プラチナ大学】開講のご案内~第5期生募集中!~
  2. 2「地方で副業する新しい働き方」〜地方と都市の関係を考え直す~
  3. 3丸の内プラチナ大学開講プレイベント「課題解決最先端の離島・壱岐から始まる地方創生」
  4. 4オンライン講座『イルカ・クジラから海の環境問題を考える』
  5. 5【オンライン開催!】「リビングラボの未来を語る~アフターコロナの地方創生」東大先端研地域共創リビングラボ×エコッツェリア協会×プラチナ社会研究会・三菱総合研究所
  6. 6オンライン クラフトワークショップ『身近なチョウをくらべっこ』
  7. 7【大丸有】「TOKYO OASIS」 社会実験を7月27日(月)より開始
  8. 8【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  9. 9【さんさん対談】「複業」の行方とカオス
  10. 10【レポート】「働くとは何か」課題を再定義する