シリーズVOICE

【VOICE】千葉麻有さん

パラレルワーカー(ドローンパイロット・映像制作・イベント企画・WEB制作)

Q1
あなたはいま、どのようなプロジェクト・仕事に取り組んでいますか。また、それに取り組むきっかけについて教えてください。
A1
地方自治体や企業と連携し、地域や企業の魅力を伝えるドローンの空撮と映像制作、WEB制作、イベント企画運営や司会のほか、UI・UXに特化したアプリケーション開発のプロジェクトマネージャーをしています。
元々役者をしていたので、イベントの司会や子供達と一緒に工作をする動画に出演してみないかと様々な話をいただく機会が多く、都度断らずに受けてきたことで今の仕事やスキルに繋がりました。フリーになることで、プライベートや仕事に関係なく繋がりを持っていた人達と新たな関係性を築くことができていると感じています。相談に乗ってサポートするのが得意で、やらないという選択肢がないためスキルの幅はどんどん広がっています。
Q2
今後やりたいことは何ですか。また、それをやるためにどういった仲間がほしいですか。
A2
観光協会や自治体、地域の企業で課題があるところのお手伝いができたらいいなと思っています。例えば現在は、観光協会や地元の企業と連携して、鳥取県や兵庫県の一部の街をインバウンド向けにPRする動画の企画と撮影に携っています。その中で、知らなかった街の魅力を知り、新たな人の繋がりができることにやりがいを感じています。
Q3
3×3Lab Futureでどのような活動をしていますか。
A3
ネットワークを元々持っている人や、人と繋がるのが好きな人が集まっているので、繋がりを作りやすく、連携して仕事をしたりすることもあります。また、3×3Lab Futureで「個人スキルを商材化するために自分でできること」というイベントの開催もしました。
Q4
仕事や個人の活動において、あなたが大切にしていることは何ですか。
A4
自分自身がフリーランスでありながら、プロデューサーでもあるからこそ分かることもあるので、チームに関わる人が気持ちよく仕事ができるように心がけています。プロジェクトになると1人でできることは限られているため、全体がスムーズに動くように細やかに調整をしています。
千葉 麻有(ちば・まゆ)
パラレルワーカー(ドローンパイロット・映像制作・イベント企画・WEB制作)

"異なるスキルを持つ個人が活躍できる社会の実現"を目指した「華飛-HANABI-」という団体を運営。私自身がフリーランスとして働きながら、プロジェクトに合わせメンバーを集めてチームを組むプロデューサーの役割も担っています。

おすすめ情報

注目のワード

人気記事MORE

  1. 1【オンライン開催!】丸の内サマーカレッジ2020
  2. 2【大丸有】「TOKYO OASIS」 社会実験を7月27日(月)より開始
  3. 3地方と都市の関係を考え直す ~多拠点で働く新しいスタイル 静岡編~
  4. 4【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方
  5. 5オンライン講座『海の生きもの研究室~イルカクジラ学・さかな学~』
  6. 6【さんさん対談】思考・企業・社会のリワイヤリングを!
  7. 7【レポート】ウィズ/アフターコロナ社会の基底をなすもの
  8. 8【VOICE】橋本奈美さん
  9. 93×3Lab Future×FUJITSU Knowledge Integration Base PLY コラボレーション企画~
  10. 10【特別イベント】丸の内サマーキャンプ2019 ~大学生・大学院生の部~

シリーズ

過去のアーカイブ(2013年5月以前)